Tel:044-854-4311受付:9:00~17:00 休業日:土日
 

3Dプリンター

短納期で試作モデルを製作するには、RP試作が最適です。

EDEN250による造形サンプル
RP試作とは?
ラピットプロトタイピング(積層造形法)の略で光造形・紙造形・粉末造形などによる試作の事を言います。エービーモデルでは、インクジェット方式の3Dプリンターを使用し、3Dデータ(STL)から積層ピッチ16ミクロン(0.016mm)の細かな積層により、寸法や形状の再現性に優れた製品を作製しております。
設計後の形状確認・機構部品の検討などにスピーディーに対応できます。

OBJET社製3Dプリンター『EDEN250』
3Dprinter_EDEN250
造形方式 インクジェット方式
ヘッド数 4本 
造形サイズ X254mm x Y240mm x Z200mm
積層ピッチ 0.016mm / 0.03mm
解像度 X600dpi x Y300dp x Z1600dpi
モデル材料 アクリル系紫外線硬化型樹脂
(半透明/FullCure720を使用)
樹脂カートリッジ数 2本 (モデル・サポート材 各1本、2kg/本)
機械寸法 W870mm x D735mm x H1200mm
機械重量 330kg
・3Dデータの作成 ・EDENで造形 ・サポート材の除去 ・3D造形品の完成

↑ページトップ